« 346.大丈夫です、の由来。 | トップページ | 348.ご、ごめんなさい。 »

2009年10月19日 (月)

347.先代の不動産。

先代の不動産がそのままなんです、
というご依頼が、最近増えています。

先代、というのは、
例えばお父さんが亡くなったので手続きをしよう、
というときに調べてみるとおじいちゃんのままだった、
ということです。

お分かりになりますか。
ぞーっつ、としますよね。

ですが、ここでも、私は、
「がんばって今一緒にやっちゃいましょう」って
声をかけます。

おじいちゃんの代、ともなると
登場人物は、お父さんの兄弟姉妹さんが出てきます。
もちろんおばあちゃんも出てきます。

中には、先妻さんがいらっしゃることもありますし、
お父さんのご兄弟さんがすでに他界している場合は、
そのお子様たちにも登場してもらわなければなりません。

「不動産の登記はいつまでにやったほうがいいですか」

というご質問、かなりのお客様から聞かれますが、
このように登場人物が増えないうちに済ませましょう、と
お伝えしています。

いかがでしょうか。

まずは、皆様のご自宅の名義を一度調べてみてください。
そして、万がいち、先代の場合は、ご相談ください。
そうそう、先々代という方もいらっしゃいます(笑)。

 

 

 


   にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  
相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

|

« 346.大丈夫です、の由来。 | トップページ | 348.ご、ごめんなさい。 »

相続手続き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/31846166

この記事へのトラックバック一覧です: 347.先代の不動産。:

« 346.大丈夫です、の由来。 | トップページ | 348.ご、ごめんなさい。 »