« 300.相続ブログ祝2年。 | トップページ | 302.浜松での1日。 »

2008年1月21日 (月)

301.老い支度。

今朝は、沼津でも雪が積もっていました。
 
 
沼津は、
雪が1年に1回 降るか降らないか、という土地です。
 
 
娘の通う保育園の玄関で、
このようなかわいらしいお出迎えをうけました。
うれしくなってしまいましたので、ご紹介しましょう。

 
 
Snow  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
今日は、朝一番で ホームページ を更新しました。

・・・というのは、昨日1/20の毎日新聞に、
目を引いた記事が掲載されていたので、
真っ先にご紹介しようと思ったからです。

 

 

私たち日本人は、死について語ることは縁起でもないと遠ざけ、
老後について考えることを先送りしてきた。しかし、高齢者の
生活環境が激変している。

現実には、高齢化とともに少子化、非婚化、親族関係の希薄化
などが一気に進行、「老いじたく」さえ怠っていなければ避ける
ことができたはずの悲劇が、しばしばおこっている。
老いへの備えが不可欠な時代となろうとしている。

  (中略)

◆死と対峙する日本人、増加 

死後については、当人が関与せず、残された家族が対応すると
いうのが、日本人の人生観だ。合理主義ではない日本人は、
年をとっていても決定を先延ばしにしたがる。

不確定なことに対してあらかじめ想定をして決めておくということは、
不得手なのである。

まだいいだろうと思いつつ、人任せにしておいて臨終を迎える人が
いかに多いことか。しかし、何も決まっていないことが、死後の争い
の元凶となるかもしれないことを、理解しておかなければならない。

        

               聖路加国際病院理事長・日野原重明さん
 
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  
おっしゃる通りです。

本当に、『残されたご家族まかせ』 のご家庭が半分以上です。
でも、「どのようにすればいいのか分からない方」が多いのでしょう。

先週は、生前のご相談のお客様とお話をしました。
非常に前向きでした。
 
 
 
  自分が死んだら、妻も子供も何も分からないからなぁ。
  今、私がいろいろ言っても、まったく聞かない(勉強しない)んだよ。
  だから、少しまとめてみようと思うんだよ。

  私の相談を聞いてもらうんだから、
  (財産を)隠しても意味がないからね。
  全部みてもらって、いろいろ教えてもらいたいんだよ。

 
 
 
う~ん。すばらしいじゃありませんか。脱帽です。
人生のうえでは、大先輩ですよ。
私よりも48年も長生きされてますから。

しかも同じ干支ですよ(笑)。

そんな大先輩から、たくさんのご相談をいただけるなんて、
たいへん光栄ですし、がんばらなきゃ、と思っちゃいます。

相続については、私からの発信ですが、
そのほかのこと、いろいろな昔話、大変楽しいです。

今回のこのご縁も大切にさせていただきます。
ご家族の心配ごとも、1つずつクリアにしていきます。
 
 
このような、生前のご相談も随時受付中です。

『老い支度』という言葉も、新しくていいですね。

余談ですが、
「おいじたく」と入力すると、『オイ自宅』になりました(笑)。

 
今日もピツピツとお願いします。  

にほんブログ村 士業ブログへ

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 
 

 

 

|

« 300.相続ブログ祝2年。 | トップページ | 302.浜松での1日。 »

相続対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/9996279

この記事へのトラックバック一覧です: 301.老い支度。:

« 300.相続ブログ祝2年。 | トップページ | 302.浜松での1日。 »