« 292.おせっかいモード。 | トップページ | 294.エンディングノート。 »

2007年12月19日 (水)

293.戸籍について。

相続手続きをする際に、絶対に必要な書類があります。

ご自身で行う場合でも、
私どものような専門家に依頼する場合でも、
どちらにしても、絶対に必要な書類です。
 
 
『亡くなった方の、出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本』 です。

これは、相続手続きには絶対に必要です。
 

 
戸籍をたどる話、は以前にブログで綴った記憶がありますが、
「はてはて、どこで綴ったんだろう???」
ということで、すっかり忘れてしまいました。
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
出生から死亡までの戸籍をみると、
亡くなった方の時間の流れが、ほんの少しですが
垣間見ることができます。
 
現在のご依頼者様は、40歳台の方が多く、
亡くなった方は、だいたい65-80歳ぐらいでしょうか。

戦争でご兄妹をなくされた方もいらしゃいます。
戦後、都会に出てきて、そのまま就職・結婚という
流れの方も、多いようです。
 
  

出生は、もちろん、ご両親の戸籍の中にいます。
そして、集団就職、結婚、みたいな感じですね。

ですから、戸籍が静岡ではない方が、
非常に多いのです。
 
 
 
この前も、ご依頼者様のお父さんの出生~死亡までの
戸籍(除籍)謄本が、石川県にあった方がいらしゃいました。
実際に住んでいたのは、18歳くらいまでだったようです。

この場合、お子さん達もお父さんの戸籍にいますから、
住んだことのない石川県に、戸籍があります。

そして、結婚しても、石川県にあった息子さん、
私もびっくりしましたが、息子さんご自身もビックリしていました。
 

  そんな私も、父親が九州出身なので、 
  父親が亡くなった場合は、
  九州に戸籍の請求をしなくてはなりません。

話はズレましたが、自分の戸籍がどこにあるか
ご存知ない方が、非常に大勢いらっしゃいます。

戸籍収集は結構大変ですので、頑張ってください。
 
 
ちなみに、
女性は結婚すると男性の戸籍に入る方が多いですよね。

すると、義父の戸籍の住所に新たな戸籍が作られることが
多いので、住んだことのない土地に戸籍があることがあります。

この当たりも、相続人様が苦戦する部分です。
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡下さい。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  

|

« 292.おせっかいモード。 | トップページ | 294.エンディングノート。 »

相続手続き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/9473600

この記事へのトラックバック一覧です: 293.戸籍について。:

« 292.おせっかいモード。 | トップページ | 294.エンディングノート。 »