« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

291.親戚、相続争い。

久しぶりに、検索ワードからブログを更新します。
今月は、『二次相続』がトップでした。

二次相続について綴ろうと思いましたが、
探してみると、書いてありました。

こちらから、どうぞお読み下さい。
 
  
  19.二次相続。争族も。
 
  246.二次相続に要注意。
 
 
先週、富士宮で撮影した富士山をご覧ください。
その間に、次の検索ワード、探してきます。

Fujinomiya

 
 
 

  
  
  
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 
『親戚 相続争い』 これにしましょう。

みなさんは、親戚の方々に年に何回会いますか?
年に1回、会うか会わないか、ってとこですよね。

中には、知らない人、結構いますよね。
 
ご主人様(奥様)の親戚なんて、
「まったく分からない」 と言い切ることができますよね。
(自慢にはなりませんが・・・)
 
私なんて、主人の父親(義父)の実家に行って、
何十人もの親戚がいて、毎回毎回
「あの人だれだっけ?」を連発して怒られています。

う~ん。
記憶の引き出しの容量が少なくなってきているのか、
最初から引き出しにしまっていないのか・・・

見事に忘れてます。

  
 

そうなのです。
そんな親戚の方と、相続争いをするなんて
相続の仕事をしている私だって、逃げ出したいです。
   
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
いま多いのは、子供のいないご夫婦のお手続き。

ご主人が亡くなった場合、
相続人は、奥様とご主人のご両親。

ご主人のご両親がすでに亡くなっている場合、
相続人は、奥様とご主人のご兄妹姉妹。
  
ご主人のご兄妹姉妹が亡くなっていた場合、
相続人は、奥様とご兄妹姉妹の子供たち(甥・姪)。
  
 
 
きっと、↑こういうことで検索をしたのでしょう。
 
   
誰しもがスムーズに円滑に行いたいと思います。
いちばんは、第三者をたてることです。

第三者が、相続手続きの専門家のほうが
まちがいがない、手落ちがない、でしょう。
 
なんで、第三者をたてることが望ましいの?
それは、簡単。

客観的な判断と、専門的な知識が必要だからです。
 
 
「自分は面倒を看てきた、介護をしてきた」

「でも、○○は家を建てるときにもらってるでしょ。」

こんな些細なやりとり(失礼。当事者は真剣ですよね。)
から、争族に発展してしまうのです。

ですから、最初から第三者をたてる必要があります。

ご参考になりましたなら、ピッとお願いします。少し低迷。

にほんブログ村 士業ブログへ

ホームページも更新しました。ご覧下さい。 

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  
 

 

 

  

 

 

  

 
 
 
 
 
 

 
  

    
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

290.お父さん、しっかり②

289.お父さん、しっかり! の続きです。
 
 
『お父さん!
 不動産や預貯金をそのままにして先に逝ってしまうので、
 奥さんやお子さんたちは、困ってしまうのですよ。』
 
   
無料相談のご依頼をいただいた奥様やお子様に
初めてお会いした日に、根掘り葉掘りいろいろなことを
聞かなくてはならなくって、私はとても心苦しいのです。
 
聞いても「分からない」というご家族は非常に多いのです。
 
 

このあたりの質問は、回答率70%くらいでしょうか(笑)。 
 ・どこの金融機関に預貯金がありますか?
 ・自宅以外に不動産がありますか?

ここはちょっと難しくなります。
事実を知っているか、知らないかですからね(笑)。
 ・有価証券は持っていますか?(タンス株にご用心)
 ・贈与した、贈与を受けた、ということはありますか?

このあたりは、ご家族の誰もが知らなかったこと。
ビックリさせられ、それが怒りや悲しみに変わってしまう
非常にデリケートな部分です。
 ・消費者金融にから借りていた
 ・他にも子供がいた
 
 
男性だから(失礼)ありえることが、
他にもお子様がいたこと、昨日も綴りましたが、先祖代々の土地。
この部分でしょうか。

このようなことのないよう、
私どもでは、こちらのご記入をオススメしています。

以前、女性は地図が読めない、とベストセラーの本で
書かれていました。確かにうなずけます。
相続もどちらかというと、「女性は苦手」なのかもしれません。

でも、男性が所有しているものが多い日本では、
女性は苦手なのではなく、「触れることができない部分」に
近いような気がします。

「触れることができない」というより、
「触れさせてくれない(もらえない)部分」なのでしょうか。

男性が主導権を握っているので、
「ご主人の財産をすべて知っている奥様」って、
きわめて少ないと言えます。
 
 
なので、子育てと一緒で、ご夫婦でお話をしてほしいのです。
ご主人が退職された後からでもいいのです。

年金の使い方(使い道)について話をする機会があるでしょう。
そこから第二の人生について、子供や孫の将来のこと、
そして「万がいちのとき」の備えをしてほしいと思います。
 
いかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日11月22日は、いい夫婦の日です。

お天気もいいので、
少し将来について話をしてみてはいかがでしょう。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  
 

 

 

  

 

 

  

 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

289.お父さん、しっかり!

相続手続きの現場で感じること、少し書かせてもらいます。
(相続手続きです。ご葬儀後のお手続きのことです。)  
 
  
私が担当させていただいているお客様は、
全員が、奥様からのご依頼 o rお子様からのご依頼です。

 
「主人の相続手続きなのですが・・・」
「父親の相続手続きなのですが・・・」
このような方々です。

どういう意味かわかりますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近年、女性の社会進出も普通になってまいりました。

このあたりでは、まだまだご主人のご両親と同居、
お嫁さんが家事をするのが当たり前、というお考えの
ご家庭も多く、なかなか仕事をすることは難しいのですが・・・。
 
 
  あ、ちょっ私情をはさんでしまいました。
  スミマセン。
  
 
話を戻します。

家を購入する際に、
「共同名義」というご夫婦も増えてまいりました。

しかし、現時点での相続手続きをされるご家庭の
ほとんどが、不動産は父親(ご主人)名義です。

ですから、分からないことが多いのです。
 
長寿大国ニッポンですが、
男性よりも、やはり女性のほうが長生きします。

女性のほうは、お嫁さんとしてきましたから、
代々受け継いできたご主人名義の不動産なんて、
まったく分かりません。

生前にご主人に「不動産のこと」を聞くなんて、
タブーなこと。

『何を狙っているんだ!』 と一喝されて終わりです。

結局、ご主人が先に他界し、
何をどうしていいか分からない奥様(お子様)から
ご相談をうける、という流れです。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃあ、どうすればいいのでしょう。

これは、難しい。
また次回にします。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  
 

 

 

  

 

 

  

 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

288.働く姿。

技能五輪、行ってきました。
ご存知ない方も、ご興味のない方もいらしゃるかと思います。

すみません、相続手続きとは無関係ですが(笑)、
ちょっと感動したので、綴らせてください。
 
 
 
私は、出不精なのですが、このような催しものは大好きで、
1998年の長野オリンピックも行ってしまったのです。

今回の技能五輪は、 
オリンピックと違い、どのようなことをしていて、
どのように勝負(順位)を決めるのだろうというところからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場は、こんな感じで結構にぎわってました。
残念ながら富士山が隠れてしまったのですが、
静岡ってこんなにすごいのかぁ、と思いました。

Ginou1
 
 
 
 
 
 
こちらは人気の場所です。
西洋料理、洋菓子製造、レストランサービス等を行っていました。

入場制限していた、との情報を入手したので
朝1で行きました。なので、ゆっくり見ることができました。
(いいニオイがしてきました。)

Ginou2
 
 
 
 
 

沼津にいながら国際大会を見学できて、とてもいい経験ができました。

参加している人たちは、みんな若い(肌がツルツル)ので、
いろいろ調べてみると、みんな22歳以下だったんですね。

若いのにこんなに頑張ってる光景を見ると、
非常に刺激になります。

小学生、中学生、高校生、会場にはたくさんいましたが、
働く姿、子供たちの目にも新鮮にうつっていたことでしょう。
 
私もがんばろう、とさらに勇気をもらいました。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  
 

 

 

  

 

 

  

 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

287.遺言作成中。

最近は、相続手続きを行いながら、一方で遺言を作成しています。
 
 
うまく伝わらないかもしれませんが、
私たちは、ご葬儀後のご家族のお手伝いもしますし、
ご葬儀後に困らないように、生前にできることのお手伝いもします。
 
 
う~ん、うまく伝わってないような気がしますが、続けます。
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   
先日、遺言の打ち合わせをしました。

お相手は、おばあちゃんです。
おばあちゃん、というには失礼にあたるほど
明るく元気で、お茶目な部分がたくさんのかわいらしいご婦人です。
 
 
なので、普段は、「○○さん」と下の名前で呼ばせてもらってます。
私を娘のようにかわいがってくださいます。

おばあちゃんは、
おじいちゃんが亡くなったときに大変だったので、
遺言を書くことにしたのです。 
 
(えらいなぁ。)

大変だったのは、ご自身ではなく、
相続手続きを進めていた息子さんが大変だったのを
目の当たりにしたから、というほうが近いですね。
 
 
おじいちゃんの手続きをしながら、自分の遺言。
おばあちゃんのパワーには、脱帽です。

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
相続手続きって、並大抵のパワーじゃできないものです。
息子さんの苦労を見てきたから、おばあちゃんは決めたのです。

『自分のときは息子の手をわずらわせたくないからね』

(かっこいい。)

そんなおばあちゃんの強さに惹かれ、
私は大好きなおばあちゃんの家に向かいます。

この前、おばあちゃんに、遺言の内容を読み上げてるときに
悲しくなってしまって、涙が止まらなくなってしまいました。

(いけない、いけない。でも止まらない。)

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
誰かがやってくれるだろう、といって
「自分の死んだ後のこと」を家族にゆだねている方が多いです。

ですが、実際は、知らないことが多すぎます。
できないことが多すぎます。

このおばあちゃんのように、
息子さんの苦労を見たくない、というお気持ちの方は
ぜひともご相談いただきたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  
 

 

 

  

 

 

  

 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

286.継続は力なり。

以前は時間があるときに、ブログを更新していました。

少しずつ忙しくなってきてからは、
自宅で少し入力して、会社で手直ししてから
アップしていました。

最近、この左側のカレンダーを見ると、
自分でも「う~ん」と悲しくなってしまうほど
更新ができていなくて、本当に情けないです。

ネタがないわけではなく、
書きたいことも、写真もたくさん用意していましたが、
時間を作ることができなくて、ポシャってしまいました。

『今伝えたいこと』 をタイムリーにアップしなくては
意味がないことが痛いほどわかりました。

時間がないなりに、更新していきますので、
これからも応援お願いいたします。
  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
昨日からはじまりました『技能五輪国際大会』。

静岡にいた私は、皇太子様の車(お姿は残念ながら・・・)や、
私服警官の皆様、そしてたくさんの国の方々を静岡駅付近で
見ることができました。

シャッターチャンスを逃した写真です(苦笑)。

Shizuoka

 
 
 
 
 

(センスないですね・・・・。)

今日も沼津は快晴ですので、がんばります。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  
 

  
 

 

 

  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

285.浜松・静岡。

富士山もすっかり雪化粧をしました。
本格的に寒くなるのかな、と思いきや暖かな日が続いています。

昨日は浜松、本日は静岡におります。

昨日は浜松からも富士山が見え、今日は快晴の静岡から
富士山をながめています。いいですねぇ。
  
  
技能五輪も今日から開催です。
昨日は、カナダの選手団を三島駅で発見しました。
 
富士山もきれいだし、なんだか技能五輪で沼津はにぎやかな
雰囲気になってきたので、私もワクワクしちゃいます(笑)。
  
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

話はガラッとかわります。

遺品整理の会社、
キーパーズ吉田社長様には、普段から大変お世話になっております。

ですが、ふと気がついたのです。
 
 
 
『お願いをしようと思ってます。でも、少し片付けてからのほうがいいの?』

私なんて、結構恥ずかしがりなので、
万がいち、親の遺品整理を頼むとしたら、少し片付けちゃうと思うのです。

いやいや、少しどころじゃないだろうなぁ。

  1.大事な形見としてしまっておく
  2.供養してもらう
  3.捨てる
  4.どうしていいかわからないもの

ザッと、上記の4分類。
ですが、捨てるものはまた地域の分別に従うと、
非常に細かくなってしまうので、結局は最低でも7分類、ですかね。

なので、吉田社長様に聞きました。
すると、笑ってこうおっしゃいました。

『何もしないでいいよ~。そのときに聞くからね。
 私たちに任せることと、自分たちでやってくれること、とかさぁ。
 予算のこととか、供養するものとかね。
 
 それにね、処分するにも分類の仕方があるからね。
 だから、何もしないで、そのままの状態でいいよ~。』

なるほど。
それまでは、何気なくお願いしてましたが、
いざ、自分がお願いする立場になってみると、
どうしていいかわからないことがあるのだなぁ、と。

それと、大事なことが1つ。
社長様の説明で、ホッとした自分がいました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

それを逆に、私の立場として考えてみました。

「相続手続き」ってどんな準備をしておけばいいのだろう。

「相続手続支援センター静岡」ってどんな会社なんだろう。
で、どんな人が電話にでるんだろう。
 
「たくさんのお金がかかるのかなぁ」

などなど。

そんなご依頼者様のご心配を、まずは、なくしてあげるような
説明を、電話でも、直接お会いしたときにでもできるような
そんなスタッフになろう、と思いました。

応援お願いします。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

284.お久しぶりです。

前回の更新から、1ヶ月半も経過してしまいました。

何度も足を運んでくださった皆様には、
大変ご心配をおかけいたしました。
申し訳ありません。そして、ありがとうございます。
 
 
9月のお彼岸あたりから、今年は急激に忙しくなりまして、
静岡県内を駆け巡っていました。

今日は、いろいろな場所で激写した写真をご紹介しようと
思っていたのですが、携帯の機種変更を3年ぶり(笑)に
行ったので、まだ使い切れていません。

相変わらずメカには弱い性分です。
  
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
今秋は、1週間で例えると、
月曜日は浜松、水曜日は静岡、金曜日は沼津のお客様をご訪問し、
残りの火曜・木曜で、社内で書類をまとめたりしていました。

そして翌週は同じ流れで、お客様のもとへ向かい、
結果報告をさせていただいてました。

そんなこんなで、ブログやホームページが
そのままになってしまいました。

すみません。
言い訳、です。
  
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
相続手続きの無料相談先で、お話しをお伺いし、
だいたいの見積りをお話させていただいた後、その場で
「じゃあ、お願いします」と言ってくださる方が増えています。

うれしい限りです。

このブログをお読みいただいている方も結構いらして、
少し恥ずかしくなりますが、半面、うれしく思っています。

そして、やはり、『現場での声』は貴重です。

皆様の「?」をどのように説明すればご理解いただけるか、
さらに太くなった(笑)腕の見せどころ、です。
 
ですから、ずーっと、現場主義で奮闘しようと思います。
いろいろな声をお聞かせください。

来週は、静岡に2回、浜松に1回行く予定です。
無料相談、お気軽にお申し込みください。
 
 
少し無料相談が落ち着いてきましたので、
以前のように頑張ってブログも綴っていきます。

応援お願いします。

にほんブログ村 士業ブログへ

 

 

  

 
 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »