« 257.今度は新聞掲載。 | トップページ | 259.相続に行き詰ったら。 »

2007年7月31日 (火)

258.木久蔵師匠 生前贈与。

落語のことはよくわかりませんが、
笑点の大喜利でおなじみの、林家木久蔵師匠が
襲名するというニュースを聞きました。
  

これも、生前贈与なのかぁ。
 
 
なので、息子のきくおさんが、
2代目林家木久蔵さんになるようなのです。
 

歌舞伎のことも、よくわかりませんが、
歌舞伎界では、襲名がよくありますよね。
落語界では、初、だそうですね。

襲名するとなると、披露パーティがありますよね。
(今日はご祝儀の話はおいておきましょう)←笑

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

襲名披露パーティ、いいことだと思います。
以前は、「勝手にやればいいじゃん」的な気持ちでした。

でも、相続の世界に入り込んでしまった今、
周囲へのお披露目は、必要不可欠、のような気がします。
 
 
事業承継でも、襲名披露パーティくらい
盛大に、周囲にアピールしないといけないと思います。
 
親族、従業員、お得意先、金融機関。

「代がかわりますが、末永くよろしく」という意味で行うほうが、
親御さんのほうも、お子さんのほうも、節目というか区切りというか、
うまく伝えきれませんが、切り替えることができると思います。

もちろん、周囲の方も、
切り替えしやすいのではないか、と思います。
 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林家きくおさんも、お父様のお名前をいただくのですから、
よほどの覚悟が必要だったと思います。エライと思います。

木久蔵師匠も、1代でここまで頑張ったので、
「木久蔵」という名前を、失くすのもイヤだったのかもしれませんし。

これぞ、生前贈与ですよね。

木久蔵師匠が亡くなってからでは、
この名前を勝手に使うこともできませんしね。
 
 
潔く、親子で襲名されること、
すばらしいことだと思います。

これからもさらなるご活躍を、楽しみにしたいと思います。

久しぶりの更新で、少し遅れをとっています。

応援を「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」お願いします。

にほんブログ村 士業ブログへ

  
 
 

 
 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

  
  
  

 

 

 

 

 

|

« 257.今度は新聞掲載。 | トップページ | 259.相続に行き詰ったら。 »

生前贈与」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/7339525

この記事へのトラックバック一覧です: 258.木久蔵師匠 生前贈与。:

« 257.今度は新聞掲載。 | トップページ | 259.相続に行き詰ったら。 »