« 244.ビックリのギックリ。 | トップページ | 246.二次相続に要注意。 »

2007年7月 5日 (木)

245.増えてるケース④

増えているケース。
こちらもシリーズになりそうですね。
 
なぜ、増えているのかといいますと、
ひとことで、『THE 時代の流れ』でしょう。
        ↑なぜ、THEが(笑)??
 
 
2.最近増えているケース① (2006.01.23)では、

  離婚増加に伴う、相続人の複雑化をお伝えしました。
  
 
  
48.最近増えているケース② (2006.04.11)では、

  先代の相続が行われていないことをお伝えしました。
 
 
 
192.最近増えているケース③ (2007.03.06)では、

  核家族が進み、家族が離れ離れだということをお伝えしました。
 
 
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回は、『イトコとの相続手続きの増加』 です

相手がイトコの場合もありますが、
場合によっては、伯父(叔父)さん、叔母(伯母)さんが
相手の場合も多々あります。

 ※おじさん、おばさん、と入力させていただきます。

 
  
  
【ケース1】 おばさんとの不動産のとりあい

父が亡くなりました。母は離婚したので、おりません。
相続人は、私(長女)と弟です。

私はすでに結婚して家をでています。
弟が父と2人で住んでいました。

家の名義を父から弟にしようとしたところ、
家の名義が、父とおばさんの共有名義だと知りました。

おばさんはまだまだ元気なので、電話で聞いてみると、
祖父が亡くなった時に、2人の共有名義にしたようです。

おばさんはもちろん結婚して、家をでていますが、
この場合、どのようにすればいいですか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【ケース2】おばさんとの預金のとりあい

祖父が亡くなりました。祖母はすでに他界しています。

相続人は、長男、長女、次女の3人なのですが、
長男、長女もすでに他界しているので、
代襲相続で、それぞれの子供たち、になります。

相続人は、長男の子供3人+長女の子供2人+次女、になります。

次女は、もちろん、父親の遺産を
“甥っ子姪っ子” になんか、渡したくありません。

甥っ子、姪っ子は、
それぞれの親が亡くなった時点で、相続による「タナボタ」を
経験していますから、このチャンスを逃すまいとします。

“おばさんから、もぎとろう”

しかも、イトコも相手にいます。

「イトコなんて、もう顔を合わせることなんてないから・・・」

ということで、ものすごい『タナボタの取り合い』になります。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

現在、このような難関が立ちはだかっています。

話し合いの前に、ご一報下さい。
話し合いをこじれさせない、簡単なコツをこっそり教えちゃいます。

お電話でお願いします。0120-39-7840

メールの場合は、こちらから お願いします。
 
 
 
そして、応援も一緒にお願いします。

にほんブログ村 士業ブログへ

  
 
 

 
 

  

 
 

 

 

 

●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

  
  
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 244.ビックリのギックリ。 | トップページ | 246.二次相続に要注意。 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/7038264

この記事へのトラックバック一覧です: 245.増えてるケース④:

« 244.ビックリのギックリ。 | トップページ | 246.二次相続に要注意。 »