« 207.全国ネットワーク。 | トップページ | 209.セミナー月間。 »

2007年4月12日 (木)

208.戸籍の重み。

戸籍を見たことがありますか。
見たことのない方、多いと思います。
 
 
私は、パスポート申請をするときに、はじめて見ました。
「戸籍抄本」 ですが。

だから「戸籍謄本」は、実は見たことがありません。

この違い、知ってますか?

戸籍謄本は、1つの戸籍全部を洩れなく写したもの、
戸籍抄本は、戸籍の一部(請求者の指定する部分)を写したもの

です。
 
 
です、ってエラそうに説明していますが(笑)
私もここで働くまで、知りませんでしたよ。
 
   
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 
本題。

最近、ニュースでよく取り上げられますね。

高田延彦さん、向井亜紀さんご夫婦。
300日規定の問題で、裁判をしている方。

どちらも、医療技術が進んだ結果だと思いますが、
戸籍(民法)のほうが、追いつかないのでしょうね。
  
    
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 

「たかが戸籍」 と
以前の私だったら軽い気持ちで言っていたかもしれません。

ですが、家庭をもち子供を出産し、
この仕事をしてさらに
「戸籍の重み」を知らされています。
  
   
先日も、 189.切ない戸籍収集。 でも綴りました。

戸籍を見ると、出生、婚姻、死亡はもちろん、
転籍、離婚、も見えてきます。
 
 
先日の、相続手続支援センター全体会議で、

大阪支部の、長井さん とも話をしました。

「戸籍見てて、ツライときがあるんだ」 と。

長井さんも、そう言ってました。
 
 
高田さんのご家族、戸籍上は家族にはなれないので、
「遺言」も必要になってくるでしょう。

300日規定の方も、
大変なご苦労をなさっていることだと思います。
 
 
民法も、時代の流れとともにかわっていくのでしょう。
 
 
    
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 

 
 ●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

  時々、応援してください。 ←笑

 

 

 

 
  
  
    

|

« 207.全国ネットワーク。 | トップページ | 209.セミナー月間。 »

つぶやき」カテゴリの記事