« 194.続・定年力検定。 | トップページ | 196.全国からのお電話。 »

2007年3月 9日 (金)

195.相続に続けて遭遇。

相続に続けて遭遇・・・。

これだけでは、分からないですよね。

お身内の方が、続けて他界されるご家庭、結構あるのです。
例えば、ご主人様と奥様、親御さんとお子様・・・ などです。
 
 
「生前、仲がよかったのでしょうね」 と聞いてみますと、

「はい・・・」 と、ご家族の皆様、口を揃えておっしゃいます。
  
  

残されたご家族は、狐につままれたような感じで、
(続けての死に対し)信じられないような、そんな感じです。

 

続けて、と言いましても、様々ですが、
3日後の方、6ヵ月後の方、1年後の方・・・ いらっしゃいます。

でも、1年間にご家族が2人も亡くなると、淋しいですよね。

淋しい、というよりも、大変・・・ でしょうね。
気持ちの整理がつかないまま、お見送りをするのですから。
 
  
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

私たちは、そんなご家族の不安を取り除くために、奮闘します。

相続に関しての不安を取り除くこと=心のケア になれば幸い、
と思っています。

例えば、お父様とお母様が続けて亡くなられた場合。
お子さんたちは、途方に暮れてしまう場合がほとんどです。

そんなとき、
手続きに関することだけでも私たちに依頼することで、
少しは“ラク”になってくれれば、と思います。
 

手続きのほうも、少し複雑になります。

先にお父様、半年後にお母様が亡くなった場合、
お母様は、お父様の相続人様であったのですからね。

まして、このご夫婦にお子様がいらっしゃらなかったら、
さらに複雑+大変な相続になるでしょう。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
  
お身内の方が、続けて亡くなられた場合、
まずは、ご相談いただいたほうがいいと思います。

非常に複雑になってきますので。
 
 

   
 
 
     

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 ●相続手続き・遺言・生前贈与等のお問い合わせは
  相続手続支援センター静岡までお気軽にどうぞ。

|

« 194.続・定年力検定。 | トップページ | 196.全国からのお電話。 »

相続手続き」カテゴリの記事