« 169.セミナーで見る。 | トップページ | 171.1年が経ちました。 »

2007年1月23日 (火)

170.子供に罪はないけれど。

昨日、お問い合わせのあった方へ。

お伝えし忘れましたので、読んでいただきまして、
再度、ご連絡をいただければと思っております。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
まず、お問い合わせをいただきました
納めていない税金、国保などはお伝えいたしました通り、
市町村役場のほうで、ご確認下さい。
  
  
 
そして、お伝えし忘れたことです。

相続手続きのお手伝いをしておりますが、
近年、いちばん増えているかと思われます。

離婚、の問題です。

よく、夫婦喧嘩などで言いますよね。 ← よく使うって??

「子供は血がつながっているけど、
 所詮、(配偶者に対して)あなたは、他人だから」

この言葉通り、なのです。

お父様とお母様が離婚されたということは、
すでに、2人は他人です。関係もありません。

ですが、お子様は、いつまでも、
お父様・お母様とは、つながっているのです。

血がつながっているように、戸籍もつながっています。
 
 
 
  
ですから、お父様(お母様)が亡くなられた時には、
お子様であるお客様のところに、必ず連絡がくるのです。
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

お客様は、物心がついてから、ご両親が離婚されたようですが、
幼い頃に離婚された方も、同様に連絡がきます。

  
顔も名前も知らないのに、相続人。

という場合も、少なくないのです。ご理解いただけますか。

 
 

残念なことに、お客様のところには、
「支払いが滞っている」という連絡がきたのかと思われますが、
きちんと調べたほうがいいかと思います。
 
 
プラスの財産、マイナスの財産、はもちろんですが、
お亡くなりになられたお父様(お母様)の戸籍も集めなくては
なりませんし、相続人も調査しないとなりません。
 
もしかしたら、再婚されている場合もあります。
もしかしたら、お子様がいらっしゃる場合もあります。

ですから、きちんと調べたうえで、
「相続放棄」をされたほうがいいかと思います。

亡くなった日から3ヶ月、ではなく、
亡くなったことを知った日から3ヶ月ですから。

その辺りを含めまして、再度、
無料相談のご予約をお願いいたします。

お客様のお手元にある書類を拝見させていただけないと、
きちんとしたお答えができません。

12.「ですから、お客様!!」

ここでもお願いしたのですが、
電話で白黒はっきりさせることは、難しいのです。

まずは、ご自身で調べられる限り調べてください。

そして、時間的・精神的に、「これ以上は無理」
と思った時点でご連絡ください。

 ※これは、どんな相続手続きにも共通します
 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

次回は、離婚で大変なケースを、またお話ししましょう。

参考になった方、ご協力お願いいたします。 

   

|

« 169.セミナーで見る。 | トップページ | 171.1年が経ちました。 »

社会問題」カテゴリの記事