« 146.勉強の秋。相続の秋。 | トップページ | 148.行ってきます。 »

2006年11月17日 (金)

147.複雑なご依頼。

最近、重たい(複雑な)ご依頼が続きます。

 

まだ、お手続きが現在進行形なので、
申し訳ございませんが、ここではお話しできません。

11月って、ちょっと肌寒くなってきて、年の瀬も押し迫ってきて、
「そろそろ相続のこと、なんとかしないとなぁ」と思うのでしょうか。

お手伝いできることは、ベストを尽くしますので、
お1人で悩んでいないで、まずは聞かせてほしいと思います。

最初1歩(電話、メールなど)が難しいのかと思いますが、

 『そのままにしておいてもいいことはありません』 よ。

むしろ、悪いことばかりです。
お早めに1歩を踏み出してください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

離婚率増加、という社会問題のせいでしょうか、
複雑な相続手続きのご依頼が目立ってきました。

離婚しているので、配偶者は関係ないのですが、
お子様は相続人になりますので、すべてお子さんにきてしまします。

お子さんは、親御さんの連絡先も知らないことが多いです。
名前も顔も知らない方だって、少なくありません。

仕方のないことです。

「ですが、戸籍はつながっているんですよ」

説明上手な男 浜本が依頼者であるお子様に伝えます。

 

父親と一緒に暮らしている娘さん。2人姉妹です。
20年前、お母さんが出ていってしまいました。

お母さんは、再婚し、新しい家庭で男の子を出産しました。
そして、月日が流れ、お母さんが亡くなりました。

娘さんたちが母親の亡くなったことを知らされたのは、
亡くなってから2ヶ月後でした。

新しいご主人と、息子さんからの連絡でした。

 相続人は、2人姉妹+息子=3人です。

3人で話し合いができると思いますか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

独居老人、少子化、離婚増加・・・。

様々な社会問題がミックスされた現代、相続事情も複雑です。

複雑なので、私たちも、ちょっとやそっとじゃ驚きません。

困っている相続のこと、話にいらしてください。

 

  

 

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

|

« 146.勉強の秋。相続の秋。 | トップページ | 148.行ってきます。 »

社会問題」カテゴリの記事