« 143.温泉+相続セミナー。 | トップページ | 145.相続人23人集合。 »

2006年11月14日 (火)

144.相続人が23人??

今日は、登場人物がたくさんでてきますので、
敬称略させていただきます。あらかじめご了承ください。

相続人が23人。最初はびっくりしました。

でも、最近では、10名超でも普通に感じてきています。
(慣れっておそろしいですね)

こんなに大変なことになる前になんとかしてください!

ということで、今日は、本当に大変な話をします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「父が亡くなりました。不動産は祖父名義でした。」

まぁ、このような話はよくありますので、驚きはしませんでした。

「順番から言うと、祖父、祖母、父という順番です。」

依頼者Aさんは、そう言いながら、
Aさんと、Aさんの母親の記憶の限りで作成した家計図を
持ってきてくれました。

Aさんは50歳台、Aさんのお母さんは80歳台でした。

びっくりしました。

まず、父親は12人兄弟(7男5女)の中の6番目。
80歳台後半で亡くなりました。

「言葉は悪いですが、
 他の兄弟が生きているのか、まったく分かりません。」

「ですから、どこに住んでいるのかはもちろん、
 名前さえも分からないのです・・・。」

それにも関わらず、難題はたくさんありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

司法書士に、戸籍収集を依頼しました。
すると、12人兄弟のお名前、現住所が分かりました。

12人のうち、
お元気でいらっしゃる方が6名いらっしゃいました。

いちばん若い方で60歳台後半でした。
入院されている方も中にはいらっしゃいました。

残念ながら、Aさんの父親を含む6名が他界されていたので、
Aさん同様に、孫の代まで探すことになったのです。

相続人23人の内訳は、
Aさんの父親の兄弟6人+Aさんのいとこ17名 となります。

これだけでも、大変なことが伝わりますか。

長くなってしまいましたので、次回に続きます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

|

« 143.温泉+相続セミナー。 | トップページ | 145.相続人23人集合。 »

遺言」カテゴリの記事