« 138.問題点の多い遺言② | トップページ | 140.お元気ですか。 »

2006年11月 1日 (水)

139.市町村役場にて。

土地の評価をする時に、私たちは
『納税通知書』 をお預かり(お借り)します。

5月頃に、市町村役場から送られてくる
固定資産(土地・家屋)について記載してある、あの書類です。

あの資料から、私たちは、土地や家屋の評価をします。

「この辺は、坪50万くらいだったなぁ。
 うちの土地は30㎡だから、50×30=1500万くらいか!!」

というような計算ではありません、専門的な計算方法があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この納税通知書は、毎年送られてきますよね。

万が一、紛失されてしまった場合でも、ご安心ください。

私たちは、ご依頼者様に、委任状に署名・押印していただき、
ご依頼者様名義の土地・家屋のある市町村役場に出向き、
資料をいただいてくることも多々あるのです。

『課税台帳』 『名寄帳』 と呼ばれる書類をいただいてきます。

これは、市町村役場によって書式が違ってきますが、
納税通知書に記載してあることと同じことが載っていて、
B4~A3くらいの大きさ(ちょっと扱いにくい!!)です。

最近まで、この名寄帳のインクがなくなる寸前の役所がありました。

もう~、大変です。

名寄帳をコピーして使うと、どのように設定しても
文字がまったく出ないのです。

スタッフみんな声をそろえて、
「○○市(町村)のインク、どうにかならないかなぁ」と言っていました。

そうして、ようやく、先月、新しいインクになりました。

私たちは、ようやく、ストレスなく、
皆様からの不動産の評価に打ち込めるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市町村役場、と言って思い出しました。
現在、静岡市役所、三島市役所のHPに、バナー広告をだしています。

   静岡市役所

   三島市役所

こちらのほうは、数々の審査(会社の審査)がございまして、
難関(笑)をくぐりぬけて、採用していただきました。

当社がきちんとした会社、ということですね。

11月に入りまして、少し、忙しくなってまいりました。
様々なご心配事は、年内に聞きにいらしてください。

こちらのセミナーで、まずは、
相続について、ご自身で勉強なさってみてはいかがでしょう。
 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

|

« 138.問題点の多い遺言② | トップページ | 140.お元気ですか。 »

日々の仕事」カテゴリの記事