« 120.ぼた餅が8個? | トップページ | 122.全国のスタッフ。 »

2006年9月25日 (月)

121.行列のできる先生。

日曜日の夜9時から、やってますよね。
弁護士の先生方4人が、様々な事例を判定しますね。

あまりテレビは見ないのですが、この番組は見ます。
司会者やゲストとのやりとりがおもしろいのもありますが、
先生方のご意見が、とても参考になります。

1つの問題に対して、答えは、YES or NO の2つですが、
4人の先生の4つの答えがあり、どの意見も説得力があります。

何十回も見ていると、
「この先生はこういう分野が得意なのかなぁ」というように
先生方の得意分野が見えてきます。

だから、ちゃんと、得意分野の先生にお願いしたほうが、
有利に運んでくれるのかな  (←表現がいやらしすぎました)
と、思ってしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会計事務所相続も同じことが言えると思います。

あからさまな看板は立てることはできませんが、
税理士も、得意不得意があるのです。

お医者様は、内科、小児科、って、看板を出せますが
税理士は、出せません。
だからと言って、みんなが同じようにできるわけじゃないんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本では、1年間に約100万人の方々が亡くなっています。
その中で相続税申告義務のある方は、およそ5%の5万人です。

税理士の登録数は、約7万人。
ということは、単純計算して1年に1回、申告するかしないか、
ということになります。

みなさん、1~2年に1回しかやらない仕事、スムーズにできますか。

例えば毎年12月、年末調整の用紙に悪戦苦闘していませんか。
(ちなみに私は毎年コピーをとり、次回に備えています)

ひな祭りに、お雛様を並べるのに苦労していませんか。
(ちなみに私は出すのに1時間はかかってしまいます)

そんなイメージですよ。

話が少しズレてしまいましたが、言いたかったことは、
「得意な先生にお願いしましょう」ということです。

ちなみに、当社グループ会社の株式会社イワサキ経営では、
今年50件の相続税申告のご依頼をちょうだいしております。
(9月25日現在)

年間5万人の申告のうち、50件ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ番組を見て、先生を選ぶように、
税理士も見比べて選ぶ時代になってきました。

行列、まではいきませんが、
相続税申告、相続手続きは、信頼できる先生へ依頼しないと
お子様、お孫様・・・ の代で苦労されますよ。

       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 120.ぼた餅が8個? | トップページ | 122.全国のスタッフ。 »

つぶやき」カテゴリの記事