« 116.現金をもらう。現金でもらう。 | トップページ | 118.秋だけど熱いです。 »

2006年9月13日 (水)

117.お金と時間の使い道。

最近、テレビを見ていて思うのですが、
ご年配の方に向けてのメッセージ性の強いコマーシャルが
とても印象に残ります。

大手コンビニや、大手カラオケボックス(今もそう呼ぶの?)など、
がそうなのですが、学生や社会人だけではなく、
ご年配の方々を呼びこもう、ということです。

いいじゃないですか。

今まで苦労されてきたのでしょうから。

たまには手を休めて、お弁当を買って出かけたり、
仲良くカラオケなんて、いいじゃないですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、娘の通う保育園で、敬老の日のつどいが開催されました。

敬老の日のつどい? と思いますよね。

保育園と老人ホーム(通所)を同じ敷地内に建てているので、
日常的に開放しています。交流は常に行われているのですが、
昨日は、園児の祖父母をご招待しての大きなイベントを開催しました。

年々、面白くなっていきます(祖母談)。

昨日は、なんと、在園児の人数以上の(なんでと思いますよね)
祖父母と、その友人などが足を運んだようです。 (なるほど)

園児の歌やお遊戯はもちろん、先生方の手品があったり、
肩たたきや、お茶の時間があったようで、参加されたみなさん、
とても楽しいひとときを過ごされたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、ご年配の方々へのサービスが増えてまいりました。

とてもいいことだと思うのです。

戦前生まれの方々は、特にそうですが、遊ぶことをあまり知らないようです。
お金を使うことも、あまりしません。そのような時代に育ったのでしょうから、
それが普通、と言われてみれば、そうなのですが。

相続でも、同様のことが言えます。

戦前生まれ、私たちからみると祖父母の代です。
贅沢は敵、の時代でしたから。
一生懸命、ご先祖様からの土地や財産を守りました。

時間やお金を、もう少し使ってみてもいいんじゃないですか。
ご自身のために、ご主人(奥様)のために。2人のために。

最近、そんなことを思ってしまいます。
みなさんは、どう思いますか。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 116.現金をもらう。現金でもらう。 | トップページ | 118.秋だけど熱いです。 »

社会問題」カテゴリの記事