« 114.明日の予定。 | トップページ | 116.現金をもらう。現金でもらう。 »

2006年9月11日 (月)

115.暗証番号忘れ。

同居されてるお父様、少し痴呆っぽくなってきたとのこと。

何を見て、お電話くれたのでしょう????
そればっかり気になってしまいます。

だって、相続のお問い合わせじゃないのですから。

お父様、忘れることが多くなってきて、
銀行のキャッシュカードの暗証番号を忘れてしまったようなのです。

お母様も、お父様のキャッシュカードの番号なんて、知らないようなのです。

さて、皆さんなら、どうされますか?

息子さんは、銀行で、お父様に痴呆があり、少し忘れっぽいことを説明しました。
すると、どうでしょう。後見人をたてるようにいわれたそうです。

この事実に、私のほうがビックリですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なので、息子さんに、こう伝えました。

「痴呆が原因で、忘れっぽくなってしまってるんですね。
 でも、時々、いろいろなことを思い出されることは、ないですか。

 その時がチャンス(笑)ですから、
 いろんな記憶をたどってもらえるように、いろいろ聞いてみてください。
 そして、暗証番号を思い出してくださると、いいですね。」

「まんがいち、っていうとき(亡くなったとき)、その口座はどうなちゃうんですか?」

「そうですね。その場合は、相続手続きになりますね。
 お金をとられちゃう、ってことはないですから、ご安心下さい。

 へそくり、みたいな形で、亡くなった後に分かるお口座もありますからね。
 お父様が、まんがいちの場合は、戸籍とか印鑑証明書とか、
 遺産分割協議書というものが揃えば、解約や名義変更ができますよ。

 お父様のお口座(お金)が必要でないのなら、後見人をたてなくても
 いいのではないでしょうか。そのままにしておいても。

 ご兄弟はいらっしゃるのですか?(返事あり)

 お口座のことよりも、ご高齢のお父様とお母様とご兄弟様で、
 お父様との残り少ない時間を楽しく過ごせるといいような気がしますが、
 いかがでしょうか。」

息子さんも、今すぐお金が必要なのではなく、
そのお金がどうなってしまうのか、少し心配だったようです。

ですから、息子さんを中心に、これからご家族が集まる機会が増えるでしょう。

相続手続支援センターにかけていただいたのですが、参考になりましたでしょうか。

また、何か分からない点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい、
とお伝えして、電話をきりました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 114.明日の予定。 | トップページ | 116.現金をもらう。現金でもらう。 »

日々の仕事」カテゴリの記事