« 110.共有名義、80人。 | トップページ | 112.誠意を見せてください。 »

2006年9月 4日 (月)

111.相続税の発生するお宅。

今日は、相続税が発生するお宅のお嫁さんの話。

 

 

農家なのです。農家に嫁いだのです。
ご長男は、サラリーマンです。畑の仕事は手伝いません。

嫁ぐとき、「畑の仕事はしなくてもいいよ」と言われたので
お嫁さんは、手伝いをしていません。

でも、子供を4人も授かり(それだけで大変ですよね)、
家の中のことを一生懸命しています。

畑仕事は、おじいちゃんとおばあちゃんがしています。
確定申告も、なんと、おばあちゃんがしているそうです。
(あっぱれ!)

固定資産税だけでも、○○○万!?
というくらいの土地があるようですが、
なんと、なんと、ご長男もお嫁さんも知らされていません。

というより、おばあちゃんがすべて握っているようなので、
実の息子さんであるご長男が言っても、聞きません。
(もちろん、お嫁さんがいうと、角が立ちますね)

土地が、どこに、どれくらいあって、
どのくらいの税金を払っているのか、知らないんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようなお宅、本当にいっぱいあるんです。

まずは、おばあちゃん。
自分ひとりで、抱え込んではいけません。
そして、きちんとしましょうよ。

「きちんと」、というのがお分かりじゃないんですよね。

きちんと、土地のこと、みんなに話しましょうよ。

そして、売却してもいい土地は、売却して、
相続税を支払えるように現金を準備しておきましょうよ。

物納するのなら、土地をきちんと書き出して、
ランクをつけておきましょうよ。

それより、何より、相続税がどのくらいなのか、
算出してみましょうよ。

困るのは、息子さん、お嫁さんですよ。
「困らせてやる!」って、お考えなのも、どうかと思われます。

息子さんだけじゃなく、お孫さん、ひ孫さんにまで
影響がでてきますよ。

対策をする時代。

対策、というのは、アパート建てることじゃないんですよ。
勘違いされてる方、多いです。

お嫁さんは、何も言えないので、困っています。
ご長男さんも、もう少し現実に目を向けてほしいですね。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 110.共有名義、80人。 | トップページ | 112.誠意を見せてください。 »

相続対策」カテゴリの記事