« 106.セミナー残席わずか。 | トップページ | 108.本籍はいまどこに。 »

2006年8月25日 (金)

107.土地を手放す勇気。

明日は、相続セミナーです。
お席のほうもほぼ埋まってきました。50名様です。
(少し安心してます)

でも、大きめの会場を予約してありますので、
明日の午前中まででしたら、受け付けいたしますので、
お時間がよろしければ、お電話ください。

0120-39-7840 (サンキュー悩み支援、です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先祖代々の土地、手放す方が増えています。

私も考え方が古い人間ですから、なかなか理解できませんでした。
万がいち、そのような立場になったら、少し、ためらうでしょう。

少し、じゃないですね。きっと。かなり、ためらうでしょう。

でも、手放す方が増えているのです。
なぜだか、分かりますか??

明日のセミナーで、細かくお話できると思いますが、
維持していくことが、大変であり、負担と感じる方が
増えているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、たくさんの土地をお持ちの方。
相続税が現金で払えないので、物納(土地で支払う)する場合。

物納、と簡単に言ってしまいましたが、これがまた大変です。

たくさんあって、その中の、
いわゆる「いらない土地」で支払おうと思いますよね。
でも、いわゆる「いらない土地」 は、「みんなもいらない土地」 なのです。

だから、仕方なく、
「できれば手放したくなかった土地」 を手放すことになるのです。

これなら、まだいいほうで、
「絶対手放したくなかった土地」 でしか、相続税が支払えない場合、

はたまた
「すべての土地を手放したのに、足りない・・・・」 場合。

なぜ、対策をしなかったのでしょう。

これでは、子供さん、お孫さん、ひ孫さんの生活にまで
影響を及ぼしてしまいますよ(怒)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、幸い(上の例をみると、幸いと感じますよね)
ご自宅の土地だけ、お持ちの方。

みなさん、ご家庭を築き、新居を構え、ご両親が他界。
なので、実家は空き家、ってケースです。
ほんとうに、増えていますよね。

ほとんどの方、もう、戻ってこないですよね・・・。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか。
売却です。

「失うのは悲しいけれど、いらない土地」ですから、
きちんと心の整理をして、売却すること、です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛する人を失くし、
思い出の家、土地(場所)を失うことに対して、やはり
躊躇する気持ち、後ろめたい部分、確かにあります。

でも、ご自身の生活を守ることが、最優先です。

代々の土地を守るために、苦しい生活をされている方、
ご両親は、喜んでいると思いますか?

土地を手放すことは、現在の相続事情から申し上げますと、
普通に行われていることなのです。

そういう話もありますので、どうぞ、聞きにいらしてください。

|

« 106.セミナー残席わずか。 | トップページ | 108.本籍はいまどこに。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

生前贈与」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/3199826

この記事へのトラックバック一覧です: 107.土地を手放す勇気。:

« 106.セミナー残席わずか。 | トップページ | 108.本籍はいまどこに。 »