« 103.類似業者にお気をつけて。 | トップページ | 105.遺言について。 »

2006年8月21日 (月)

104.生前贈与のすすめ。

生前贈与のすすめ、ということですが、難しい話ではありません。

娘として、家族として。
そういう視点からの話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私事で恐縮なのですが、車のエンジンが×になりました(泣)。
すでに11年、11万キロ乗っていて、しかもディーゼルなので
もう限界なのでしょう。廃車です。

手持ちの現金は、少々。かなり厳しい状況です。

沼津という地域は、車社会なので、1人1台ないと生活できない、というと
オーバーに聞こえてしまいそうですが、本当に車が必要な地域です。

我が家は、車が2台です。維持していくだけで、大変です。
しかし、ないと生活できないので、こればっかりは必要経費です。

今回の廃車問題で、仕方なく、双方の両親に話をしました。
あまり、援助とか手助けをしてもらうことは好きではないのですが、
今回のエンジン故障では、どうしようもなかったのです(泣)。

・・・すると、どうでしょう。
どちらの両親も、大賛成してくれました。(とてもビックリしました)。

親、と言っても、やはり定年間近で、老後の計画もあるでしょう。
そして、若い頃と違い、「お金出して~」なんて簡単に言える立場でもないし。
なので、すごく悩んで、相談したのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あそこまで、よく乗ったね。
家族みんなで贅沢もしないでがんばっているから、
少しだけど、援助してあげるよ。

私たちも、あなたたちと同じころ、やはり両親にお願いしたのよ。
仕方ないじゃない、他に相談するところがないんだから。
そうやって、代々、子供にしてあげていくものなのよ。」

あまりにもあっけなく、双方の両親がいうものだから、
相談を打ち明けるまでのドキドキはなんだったんだろう、というくらい
スピーディに決まってしまいました。

(と、言っても、私たちにもプライドがありますから、頭金少しだけですけど。)

贈与申告するまでの金額ではありませんが、
この援助が、とてもうれしくて、今まで以上に親孝行(笑)をしよう、と
心に決めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住宅ローンもあり、車の購入、子供に対してもお金がかかる時期です。
こういった、援助は、非常にうれしいですよね。

当社のセミナーで、   ←宣伝です(笑)
生前贈与をすすめていることが、身にしみてよく分かりました。

「あげたい人に、必要なときに」というフレーズだったと思いますが、
必要な時に、というところが、本当にポイントだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今までも、義父・義母に対して、
嫁の立場としてよくやってきたと思うのですが、
(↑すみません(大笑)が本音です)
今回の援助をきっかけに、表現がうまくできませんが、
さらにやさしくしてあげられると思うのです。

口うるさく感じる時は、もちろんあります。
ただ、やはり、以前より衰えてきた部分もあり、弱音を吐くこともあり、
「年をとってきたなぁ」と感じる部分が、増えてきています。

だから、1週間に1度は、主人の実家に顔を出すようにしてますし、
重い牛乳やお米を買って行ったりするのは、当たり前だと思っています。

今度の車購入をきっかけに、さらに実家に顔を出す機会や、
ドライブや食事に行く回数が増えることは、間違いないです。

「必要な時に」、ほんとうに、ポイントですね。

生前贈与(オーバー?)で、お互い、これからも、
楽しい日々が過ごせるようになるのかなぁ、
と、勝手ながら考えてしまいました。

|

« 103.類似業者にお気をつけて。 | トップページ | 105.遺言について。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

生前贈与」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50289/3150122

この記事へのトラックバック一覧です: 104.生前贈与のすすめ。:

« 103.類似業者にお気をつけて。 | トップページ | 105.遺言について。 »