« 96.セミナー開催の意味。 | トップページ | 98.ドタキャンの方へ。 »

2006年7月28日 (金)

97.セミナーのこと、続き。

昨日のブログで、

無料セミナー開催の意味を、私なりに書いてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1年ほど前から、
熱心に相続セミナーにご参加くださるご婦人がいらっしゃいました。

 

とても気品のあるご婦人で、
私のようにガツガツセカセカ(?)暮らしている人間ではなく、
優雅な時間、優雅な空間にお住まいの雰囲気が漂っていました。

いつも、微笑んでいらして、
私みたいな小娘に対しても、非常に腰の低い方でした。

お名前と、ご住所しか聞いてなかったので、
お手紙をお送りしたり、ファミーユをお送りしたりしていました。

 

いつも、私からの一方通行的な発信だと思っていたのですが、
スケジュール調整がつくと、お電話をかけてきてくださいました。
そして、セミナーに参加したりしてくださってました。

社内的な風潮なのでしょうか、
強引な聞き取り(笑)や、しつこい電話などは、一切行いません。

セミナーにご参加いただいた方に対しても、
聞くだけ聞いて、そのままお帰りいただいても構いませんよ、と
いうような雰囲気は、多少あります。

 

昨日のブログでもご説明したように、無理強いはしないのです。

私たちの相続に対する考えや思いを伝えて、
まずは、相続について、ご自身、ご家族で考えていただきたいのです。

そして、もし、ご自身で解決できないことや、
悩みがあれば打ち明けてください、
打ち明けていただいたなら、一緒に考えていきましょう。

みたいな流れがあります。

 

代々受け継がれてきた財産や不動産のことについて、
やはり、他人に相談するということは、一大決心だと思うのです。

なので、やはり、ご理解いただいてから(信頼していただいてから)、
一緒に考えていきましょう、というスタンスでいたいのです。

これは、相続のプロとして、だけでなく、
ご親族になった気持ちで、全力で取り組ませていただいてます。

(この点が、私は、好きですね。この社風というか、流れが。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、先ほどのご婦人。

熱心にご参加いただいておりました。
 

一方通行だと思い込んでしましたが、先日、少し、
お悩みをお話してくださいました。

 

うれしいですね。

 

そのお悩みに対し、全力で、今、頑張っています。

もちろん、私なんかよりも人生の先輩でありますから、
逆に、人生についていろいろなお話を聞かせていただいてます。

うれしいですね。

私は、まだまだ勉強中の身ですから、
社内の「相続のプロ」一丸となって、がんばらせていただこうと
思っています。

お悩みを抱えていらしゃるようでしたら、一度、セミナーを聞きにきてください。

|

« 96.セミナー開催の意味。 | トップページ | 98.ドタキャンの方へ。 »

相続セミナー」カテゴリの記事