« 53.家庭裁判所に行く前に。 | トップページ | 55.静岡はお茶の産地です。 »

2006年4月25日 (火)

54.他人事。

ブログ更新が1週間ぶりになってしまいました。久々の出社です。
ビックリしてしまうかと思いますが、
娘が、インフルエンザ(ちなみにA型)でした。驚きますよね。

かかりつけの小児科の先生も笑いながら
「お母さん、そんなハズないよ」と鼻の穴の検査をしていましたから。
結果が出た時には、これまた、笑っちゃってましたから。

インフルエンザにかかっているにも関わらず、
連れてきちゃう常識ハズレの保護者がいるんですよ。
4月に大流行ですよ、娘の保育園は。

小児科の先生方の間でも、ちょっとした話題です。
「先生の病院にも、○○保育園のインフルエンザの子こなかった?」
みたいな具合で。

みなさん、他人事(ひとごと)だと思いますが、死活問題ですよ。
そうそう他人事、で思い出しました。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

他人、まではいかないですが、このような電話相談のケース多いです。

 

 『主人の父が亡くなり、相続の件で兄弟でモメています』

  

「ご主人のお父様がお亡くなりになった、ということですね。
 あなたは相続人さんではないですよね。」

 直球ですが、やさしく言います。 (←嫁=相続人と思っている人も多いのです)

  

「ご主人様が相続人になるかと思いますので、
 お近くにご主人様がいらっしゃるようでしたら、今、かわってもらえますか。

 もしくは無料相談時にはご同席していただきたいのですが。」

 さらに、直球ですが、やさしく言います。

  

他人事だけど、他人じゃない。
このポジションの方のお電話がいちばん長電話になってしまいます。

  

義父の死亡で、いろいろなことが頭の中を駆け巡るのでしょうか。
ご主人にも、相談せずに、申込みの電話をかけてきます。
そして、矢継ぎ早に質問攻めです。

その先走った行動に対して、正気に戻った時、ご主人に注意された時、
キャンセルの電話をしてきます。困ります。

娘のインフルエンザも、先走ったお嫁さんからの電話も
大変、困ります。周囲のことをよく考えてみてください。

   

   

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 53.家庭裁判所に行く前に。 | トップページ | 55.静岡はお茶の産地です。 »

つぶやき」カテゴリの記事