« 38.エンディングノート「わたしの歩いた道」 | トップページ | 40.失踪人を捜す場合。 »

2006年3月22日 (水)

39.相続人はひとりっ子。

 「すみません。ちょっとお伺いします。」

 このような電話は、毎日1本はあります。
 【これから しなくてはならない手続き】 の確認の電話です。

 でも、この方は違いました。

  「母が先日亡くなりました。(父はすでに亡くなってます。)
  戸籍は集めてきました。DMでいただいたチェックリストを見てます。
  年金や保険関係も済ませました。銀行口座、証券も名義変更しました。
  母と同居していたので、あとは土地と家の名義変更です。
  相続登記、って書いたあるところですよね。いかがですか??」

 
 すばらしいです(パチパチ)。最終確認のお電話のようです。

  「そうですね。流れはその通りです。
  口座や証券の名義変更の際に、遺産分割協議書も提出されましたか?」

  「えっ? なんですか? 分割協議書?」

  「そうです。遺産分割協議書、って言います。
  相続人みんなで遺産を分けたよ、っていう証明書みたいなものですね。」

  「出してないです。」

 「えっ?出してない?? じゃあ名義変更できなかったんじゃないですか?」

  「できましたよ。ですから、相続登記を残すだけです、って言ったのです」

  「普通は、できないのですが・・・(困)。」

  「あっ、わたし、1人っ子ですから」

  納得しました。

  でも、1人っ子は遺産分割協議書が不要だということは、初めて知りました。
  説明上手な男、浜本は知ってました。もちろんニコニコ吉川もね。
  
  私は、1人っ子の相続に遭遇したことがなかったからです。
 
  どっちかというと、相続人がモメている、とか、相続人と連絡が取れない、とか
  なかなかスムーズに進まない≪争族≫が多いからです。

  勉強になりました。 毎日が、ホント、勉強です。

  相続って、100人いれば100通りですから、同じ手続きはないんですよね。

  私は、まだまだプロの域に達していないので、
  毎日が勉強で、皆さまに教わることのほうが多いです。
 
  今回のお電話をきっかけに、1人っ子の相続は、完璧です。
 

 

  お電話をいただきました静岡の○○様、相続登記はお済みですか? 

 
  

 

  

  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

|

« 38.エンディングノート「わたしの歩いた道」 | トップページ | 40.失踪人を捜す場合。 »

相続手続き」カテゴリの記事