« 25.相続対策について。 | トップページ | 27.再婚前には遺言を② »

2006年3月 3日 (金)

26.再婚前には遺言を?

  
  今日は、【相続対策】の続きを書こうと思っていたのですが、
  気になることがありましたので、急きょ変更させていただきます。

  先日、1本の相談電話を受けました。
  
  電話で話をしているときには、気にならなかったのですが、
  先日、結婚式に出席したり、なんだかんだ考えていたら、
  とても重大なことだったのだと、ジワジワ思えてきたのです。

   
   「相続の相談なのですが、よろしいですか?」

   電話口の声は、とても丁寧で上品な感じの女性からでした。
   年齢は、話し方から察するところ、30歳台前半くらいかと思います。

  
   「結婚を考えているのですが・・・」

   私は何かの間違い?と思ったのですが、
   よ~く、話をきいていると、相続のことにつながりました。

   相談の電話ともなると、私の中の
   【みのもんたの血】が騒ぎ出します(笑)。

   内容は、こんな感じでした。

   電話をくれた女性A子さんは、結婚(初婚)を考えています。
   お相手はT男さん。T男さんは、2度目の結婚となります。
   
   T男さんの先妻、B子さんとの間には、お子さんが2人。
   名前は、B男さんとB美さん。すでに成人されています。

   B美さんには、お子さん(T男さんからみるとお孫さん)も。
   残念なことに、B男さんも、B美さんも、離婚されているそうです。

   A子さんは、まだ籍を入れていません。
   実父であるA雄さんが、心配されているようなのです。

   そうですよね。
   A子さんが推定30歳。となると、A雄さんは50~60歳くらいでしょうか。
   (A子さんのお母様は、すでに他界されたそうです。)
   
   T男さんのほうには、お孫さんがいらっしゃるとのことですから、
   どんなに若くお見積もりをしても、40後半~50歳台、でしょうね。

   
   実父A雄さんは、実娘のA子さんが心配で、仕方ないのでしょうね。

   実の娘だから、当たり前です。

   でも、何が心配かと言うと、【相続】の心配をされているようなのです。

   
    
   この続きは、次回に続きます。

        

   

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

|

« 25.相続対策について。 | トップページ | 27.再婚前には遺言を② »

つぶやき」カテゴリの記事