« 23.結婚、出産、離婚、葬儀。いろんな届。 | トップページ | 25.相続対策について。 »

2006年3月 1日 (水)

24.相続税のお話。

  日本国内における年間死亡者数は、約100万人。
  そのうち相続税申告(納税)義務者は、約5万人と言われてます。

  
    ですから、単純計算で、約95%の方が申告をしなくて済むのですが、
    「じゃあ、うちはどうなんだろう??」 って、思いますよね。

    普通のお宅では、相続税の心配はしなくても大丈夫です。
    大丈夫というのは、いい加減に聞こえてしまいますね。
   

    簡単な計算式は、
    基礎控除額5000万円+(1000万円×法定相続人の人数)

    となります。
 
    

    ですから、例えば、A様が他界されたとします。
    残されたのは、配偶者+子供3人=合計4人、だとします。

    その場合は、5000万円+(1000万円×4人)=9000万円 

    となります。
    

    A様の遺産総額が、9000万円を超えた場合、相続税が課税されます。
    ご理解、いただけましたでしょうか。

    ただ、この場合の【遺産総額】というのが難しいですよね。
   
  

   【遺産総額】については、他界された方の名義や、所有しているものなど
   すべてを計算しないとなりません。預貯金はもちろん、保険関係、
   不動産(土地・家屋)や有価証券を評価しないといけません。
   
   ご自身で学ばれて計算される方もいらっしゃいますが、
   ここは、やはり、専門家にまかせたほうが無難だと思います。
   まちがった計算で、何度もやり直すよりは、任せたほうが安心です。

  

     文頭で説明したように、約5%の方は相続税申告(納税)義務者です。
     残りの約95%の方、相続税の心配はないかと思いますが、
     様々な手続きは、お済みでしょうか。

 
     私たちは、約5%の納税義務者の方のお手伝いもしていますが、
     その他の約95%の方々のお手伝いを主としています。

 
     申込み料金は、≪遺産総額×0.3%≫です。
     0.3% ってよく分からないですよね?

     当社へ申し込みされる方の多くは、相続税が発生しない方です。
     遺産総額が3000万円~5000万円が平均ですね。

     そうすると、申込み料金を単純計算すると、
     3000万円×0.3%=9万円  5000円×0.3%=15万円 
     となりますね。
 
     例に挙げた、A様。遺産総額8000万円だとします。
     遺産総額が、9000万円未満でしたので、相続税は課税されません。
 
     このA様の場合、当社にお申し込みされた場合、
     8000万円×0.3%=24万円 となりますね。
     ※その他に、費用がかかる場合は、事前にご説明いたします。

 
 

  次回は、相続税の話をもう少ししようかな、と思っています。
  

  参考になりましたら、お願いいたします。 

  


  そして、当社へのお申し込みは、こちらからどうぞ

  

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

   

|

« 23.結婚、出産、離婚、葬儀。いろんな届。 | トップページ | 25.相続対策について。 »

相続手続き」カテゴリの記事