« 11.無料相談のお願い。 | トップページ | 13.身内で不幸がありました。 »

2006年2月 9日 (木)

12.「ですから、お客様!!」

 昨日に引き続き、最近、困ってるというか、お願いしたいことがあります。

 「はい、相続手続支援センターの田島です」 と電話に出ると
 「ちょっと、いいですか・・・・。」と、そこから、長々、話が始まってしまうのです。

 いつの間にか、

 "午後は○○おもいっきりテレビのみのさん" のようになってしまうわけです。


     そういう方は、大抵、相続(争族の場合も多い)問題が複雑で、
     話を聞いてもらいたい!!  という場合が多いのです。

     話を聞いていても、肝心な部分は伏せているので、
     お客様の納得される返答ができないわけです。

     「ですから、お客様。お電話では話が見えてきませんので、
      お時間を作っていただいて、直接、お話を聞かせてください」と、
    
     マシンガンのようにお話をしてくるお客様の[隙]を見て
     言うのですが、まったく聞いてもらえません。

     落ち着かれた頃を見計らって
     「ですから、お客様。お時間を・・・  」  ガチャ。ツー、ツー。


  切られてしまうのです。

  お願いです。簡単な質問には、お答えできます。
  
  簡単な質問というのは「○○の手続きは○○で行います」など
  答えが1つしかない場合です。
 
  その他は、電話ではお答えしたくても、できないのです。
  相続って、あまりにも個別性が強すぎて、即答できないのです。

  相続人様のお話を伺って、戸籍や相続人を確認させていただいて
  不動産の評価をさせていただいて、その他、色々な角度から
  確認させていただいてからではないと、絶対無理なのです。
  
  相続人様の話、10ある中の3をお話をしていただいた場合、お返事は0です。
  10聞かせていただいたら、10もしくは、10以上、お答えできます。
  これだけは、間違いなくお約束できます。

  このお仕事は、私たちとお客様(依頼者様)の
  【信頼関係】で成り立っています。
  どんなお仕事もそうだと思いますが、【信頼関係】って大切だと思ってます。
  
  私たち、相続手続支援センター静岡のスタッフ全員が、
  依頼者様の立場に立って、最善を尽くしています。
  「あやしい会社じゃないかなぁ」と少し悩んでらっしゃる方、
  【信頼】してください。おまかせください。
  

      
     「ですから、お客様。お時間を作っていただけますか。」

     

  

  

  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 11.無料相談のお願い。 | トップページ | 13.身内で不幸がありました。 »

日々の仕事」カテゴリの記事

相続手続き」カテゴリの記事